So-net無料ブログ作成

骨盤矯正って??? [腰痛]

キャプチャ46.PNG

最近骨盤を矯正するグッズなど流行っていますね。


そもそも骨盤のゆがみって何でしょうか?骨盤のゆがみとは整形外科の領域に限定していえば筋肉が硬いか、筋肉が弱いかのアンバランスによって生じるものです。整形外科の領域でって言ったのは脳や脊髄など筋肉や神経の制御にかかわる器官に異常をきたすと、制御にかかわる部分が働かなくなるためアンバランスになります。脳卒中になると半身動きにくくなるため、必ず骨盤だけでなく、動く側の半身も歪んでくるのです。

このように筋肉のバランスによって骨盤は歪んでしまうのです。


では普通に生活しているのに筋肉が衰えたり、左右で体の固さが違うのでしょうか。これはスポーツをしている人ならとくに競技特性にも左右されますが、アスリートもスポーツをしていない人でもほぼ100%の人が骨盤のゆがみがあります。どんな人でも体の使い方は左右で違うから、つまり使っている筋肉と使っていない筋肉が存在するため体がゆがんでしまうのです。

つまりこれは、人の手によって骨盤を矯正されても結局筋肉の使い方を変えなければ、矯正された骨盤は元に戻ってしまうのです。骨盤矯正のまくらはその辺は有効かもしれません。骨盤が正しい位置にあった状態で、筋肉が働くようになるからです。


ただ自分の骨盤のゆがみが、どのようにゆがんでいるのかは把握したほうがよいかもしれません。ゆがんでいるからと言ってすぐに生活に支障が出ることはありません。しかしそれが常にゆがみが助長するような生活を送っていると、元に戻りにくくなります。つまり体の使い方のバリエーションが減ることになります。


高齢者の腰が曲がっているのは、腰が曲がっているから悪いのではありません。腰を曲がっている状態から伸ばしたり、重心を移動できないことが転倒につながったり、関節痛につながったりするのです。


また骨盤に限らず体に良い情報を載せていきたいと思います。読んでいただきありがとうございました。

ひそかに剣道で全日本を目指そうとしている理学療法士

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。