So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2014年05月 |2014年06月 ブログトップ
前の1件 | -

膝が痛い人の特徴 [膝関節痛]

前回は膝関節の構造とその疾患について簡単な説明をしました。もしわからないことがあれば聞いてくださいね!



本日は若年者でも高齢者でも膝が痛い人の共通点についてお話ししていきたいと思います。



これは筋力があるから膝が痛くないとか、そういう問題ではありません。スポーツで鍛えているにもかかわらず、膝の痛みを訴える人も多いです。特に膝は加齢に伴う退行性変化というような感じで教科書に書かれているため、加齢によって膝は痛くなるものという認識のようです。


しかし私はこれは間違っていると思います。高齢でも膝の痛みを訴えていない人も多いのです。(膝がO脚やX脚になっていても痛みが出ていない人もいますが、今の話は高齢でも膝の変形がない人を指しています)つまりスポーツ選手であろうが、若年者であろうが、高齢者であろうが、間違った膝の運動をしていれば痛くなるということが言えると思います。


では膝の痛みを訴える人の共通点を言っていきます。
これは性差もあることを事前に言っておきます。


全身弛緩性がある(女性に多いのですが、関節が異常にやわらかい人は膝を若くから痛めやすいです)
②床へ座っているときに横座り、または割り座している、していた(特に女性は骨盤の形状から膝が内へ入りやすく、女の子すわりをしている人では膝を痛めやすいです)
③ももの前面が非常に固い
④ふくらはぎがとても固い
⑤スクワット姿勢が取れない(殿筋や腸腰筋:ももを挙げる筋肉がとても弱い)
⑥ももの内側がとても柔らかく、逆に外側が硬い
⑦膝を自分で曲げるときにまっすぐ曲げられない


など膝の痛みを訴える人の特徴は多く存在します。
しかもこれらのように、筋肉が硬くなったりするには理由があります。

これらの特徴がなんで起こるのかについては次回にお話ししましょう。この原因が分かれば、どのような体操をすればよいのか、痛くなっている原因が分かってきます。それでは今日はこの辺までにしましょう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の1件 | -
- |2014年05月 |2014年06月 ブログトップ
ひそかに剣道で全日本を目指そうとしている理学療法士

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。